toyhouse TOY DEVELOPMENT SUPPORT

トイハウスのどうぐ

のこぎりは引いて切り、棒やすりは押して削る。
マシニングであればツールパス、刃物の直径と長さの想定。
3Dプリンターであれば、造型の高さを抑え、部品の天地を考慮する。
設計ソフト、試作を作る機材、試作を調整する機材など…
もの作りは、どうぐを知り、正しく道具を使う事が大切です。
トイハウスはどうぐを正しくつかいます。

主な使用ソフト

スカルプ系CGソフト
スカルプ系CGソフト Free Form / Zbrush
フィギュア・キャラクターなど、CADで作成困難な形状を、デジタル原型としてモデリングします。
3次元CAD
3次元CAD Solidworks / Rhinoceros
CGなど、様々なソフトでモデリングしますが、最後にSolidworksにて金型用の設計確認を行います。[主要作業/意匠・機構・構造・製品設計]
サーフェス変換ソフト
サーフェス変換ソフト Geomagic Design X
CGモデル及びスキャンデータをCADデータに変換します。[主要作業/計測・データ変換]

主な使用機材

3Dプリンター ProjetHD3000 3Dシステムズ
[積層ピッチ]0.31mm
[造型時間]10mm/3.1h
[ワークサイズ]203×178×152mm
[解像度]656×656×800dpi
卓上旋盤 L−3500型 コスモキカイ株式会社
[ヘッド上の振り]210mm
[縦送りの振り ]125mm
[センター間距離]350mm
[貫通穴]19mm
[ベッド幅]125mm
[左右移動距離]心間全域
[心押台スリープ移動距離]80mm
彫刻機 ISHIZUKA 大型彫刻機
[ワークテーブル]650×220mm
[コピーテーブル]650×470mm
[ストローク]260×420×50mm
[スピンドル回転数]4250〜15000rpm

pagetop

マイナビ2020